<< お得で便利なパス 愛の南京錠 >>
ショパン最後のアパート
パリの街中にあるヴァンドーム広場(Place Vendome)

何度も通りましたが、いつも静かで観光客も殆ど見かけませんでした

とても落ち着いた雰囲気で

「えっ、此処にショパンが住んでいたなんて」と思えるような空間でした

広場にはカラフルな看板が立っている訳でもなく

周りはブランドショップが立ち並んでいるのですが

それも目を引くような派手さも無く色味も抑えらているように見えました

a0109503_0593283.jpg


ショパン、最後のアパート、ヴァンドーム広場12番地

一説によると最後の3週間だけ、このアパートで暮らしたそうです

今は宝飾店CHAUMETの店舗になっていますが二階にはカバーが掛けられて、よく分からないような状態

他の名所からみると奥ゆかしさすら感じてしまう広場ですが

それでこそショパンは最期ゆっくり静かに休めたのではないかなぁ

とも思います

人気ブログランキングへ Blog Ranking
[PR]
by sofken23 | 2013-06-30 01:30 | Paris 2013 | Comments(2)
Commented by riemusik2 at 2013-06-30 23:31
こんにちは。

ショパン、最後のアパートですか。
ヨーロッパの素晴らしいところは、古い建物がそのまま残っていることと。
そしてその古い建物が今でも活躍しているということ。
私はウィーンでベートーヴェンの住居だったアパートを見て回ったことがあります。
ベートーヴェンの住んでいた2階は博物館、1階は一般人の住居になっていました。
お手洗いに行きたくなって適当なドアを開けたら、子供用の黄色いかさとレインコートが壁に掛かっていて慌ててドアをしめた覚えがあります。
ベートーヴェンと同じ建物に住めるなんてなんて光栄なことなんでしょう。
Commented by sofken23 at 2013-07-01 10:21
riemusikさん、こんにちは

なるほど、そうですよね。ありますよね。
有名建築家がデザインした建物に今でも一般人が住んでいたり。

私もベートーベンの住んでいた建物に住んでみたいですね~
<< お得で便利なパス 愛の南京錠 >>